全国有名病院・おすすめ病院NAVI
皮膚がん(皮膚癌)治療の名医と言われているドクター
 (スポンサードリンク) 

 
 あきらめないがん治療/抗がん漢方薬
 西洋医学(手術・抗がん剤・放射線治療等)との併用による相乗効果!
 
⇒ 抗ガン漢方薬の書籍・サンプル・資料の紹介  

(皮膚がんの名医選び) 
 皮膚がんには多くの種類がありますが、代表的なものが、有棘細胞癌、基底細胞癌、メラノーマの三つです。
 皮膚がんの治療は、手術による摘出と抗がん剤治療、放射線治療が中心で、手術でとれるのであれば手術するのが標準ですが、抗がん剤治療はまだ十分な効果を上げているとは言えない状況です。
癌の食事療法に関する情報
〜効果が高いと言われる食事療法をご紹介〜
 特に、メラノーマでは手術で摘出できる段階で発見することが一番の方法と言われていますが、一方でメラノーマでは早期の診断に画期的な検査法が誕生し、またリンパ節転移の有無をみる「センチネルリンパ節生検」が普及し、無駄なリンパ節郭清を省くことができるようになるなど、大きく進歩しています 。
 このページでは、全国の皮膚がんの名医と言われているドクターを紹介していますので、よろしければ参考になさってください。

 「皮膚がんの有名・おすすめ病院」や「皮膚がんの名医」「皮膚がん治療の最新情報」等に関するより詳しい情報を検索したい方は、「皮膚がんに関する詳しい情報を探す」をご覧下さい。

皮膚がん治療の名医と言われているドクター
北海道・東北
ドクター名(敬称略)
病院名 病院所在地
金子高英 弘前大学医学部附属病院 青森県弘前市本町53 
0172-33-5111 
竹之内辰也 新潟県立がんセンター新潟病院 新潟県新潟市川岸町2-15-3
025-266-5111
関東
ドクター名(敬称略)
病院名 病院所在地
田村敦志 群馬大学医学部附属病院 群馬県前橋市昭和町3-39-15
027-220-7111
大原国章 虎ノ門病院 東京都港区虎ノ門2-2-2 
03-3588-1111 
山ア直也
山本明史
国立がんセンター中央病院 東京都中央区築地5-1-1 
03-3542-2511 
中部・北陸・東海
ドクター名(敬称略)
病院名 病院所在地
清原祥夫 静岡県立がんセンター 静岡県駿東郡長泉町下長窪1007 
055-989-5222
臼田俊和 社会保険中京病院 愛知県名古屋市南区三条1-1-10
052−691−7151
神谷秀喜 岐阜大学医学部附属病院 岐阜県岐阜市柳戸1-1
058-230-6000
八田尚人 富山県立中央病院 富山県富山市西長江2-2-78
076-424-1531
関西
ドクター名(敬称略)
病院名 病院所在地
熊野公子 兵庫県立成人病センター 兵庫県明石市北王子町13-70 
078-929-1151 
岸本三郎 京都府立医科大学附属病院 京都府京都市上京区河原町
広小路上ル梶井町465075-251-5111
中国・四国
ドクター名(敬称略)
病院名 病院所在地
荒川謙三 川崎医科大学附属川崎病院 岡山県岡山市中山下2-1-80
電話086-225-2111
池田政身 高松赤十字病院 香川県高松市番町4-1-3
087-831-7101
九州・沖縄
ドクター名(敬称略)
病院名 病院所在地
石原剛 熊本大学医学部附属病院 熊本県熊本市本荘1-1-1
096-344-2111
(参考)皮膚がん治療のスーパードクター(超名医)
(参考)がんの完治を目指して最新治療に挑む名医たち
(参考)ステージ4・ステージ3からのがん治療 
 
(スポンサードリンク)

 
●皮膚がんへの抗腫瘍効果が報告されている抗がん漢方のご案内!
 最近世界中のがん患者から感謝の声が寄せられている抗がん漢方薬が注目を集めています。
 世界で認められた抗ガン漢方薬 として知られる「天仙液」という漢方薬ですが、「末期がんから生還した」「延命した」「西洋医学での治療の副作用が軽減された」といった声が多数寄せられているようです。
 その裏付けとして、日本の試験機関「新薬開発研究所」の臨床試験において、最大94.1%という高い抗がん効果が立証されており、日経新聞や朝日新聞などのマスコミやインターネット等で取り上げられています。

●低下した免疫力をアップさせる物質を東京大学の研究グループが発見!
 がんをはじめ多くの病気は、免疫力が低下することによって起こります。
 抗がん剤や放射線による治療では、正常な細胞にもダメージを与えるため、こうした治療を受けたがん患者は、より一層免疫力が落ちることになります。
 低下した免疫力を高めることは、がんと闘う人にとってとても大きな意味を持ちますが、こうした中、東京大学が企業と共同で高い免疫活性効果を持つ物質を発見しました。
 ブロッコリーから抽出したこの成分は、ブロリコと名づけられましたが、ブロリコの免疫活性効果は驚くほど高く、メカブフコイダンの約60倍、プロポリスにおいては1000倍以上の活性効果を示しています。
 いま大注目のブロリコはですが、その詳しい資料を請求することが出来ます。住所等の簡単な入力のみで、無料で資料が送られてきますので、免疫力のアップに興味のある方は、資料を請求してみてはいかがでしょうか。
 ⇒ ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから  

●国立大学法人鹿児島大学と共同研究の結果生み出された「びわ茶葉」の抗がん性効果に注目!
 びわの葉にはアミグダリンという薬効成分が物質が含まれており、このアミグダリンが、ビタミンB17になります。ビタミンB17は、がんに画期的な効果があるとして、いま国際的に脚光を浴びています。ビタミンB17は、体温と共に暖められると浸透して、細胞の中にまで入っていき、炎症やがん細胞も治してしまうほどの力を発揮すると言われています。
 米国のがん専門医ジョン・A・リチャードソン博士は、「ビタミンB17はすべてのガンに100%近い制御率を示した」として、250例中、248例に効果があった臨床報告を発表し、医学界に大きな衝撃を与えました。<br> 日本でも奈良時代からびわの葉が健康に良いと重用されてきましたが、最近の研究で、鹿児島大学と健康に関する共有特許を取得した「びわの茶葉」が発売され、人気を博しています。世界オンリーワンの商品で、1ヶ月あたり1080円と値段が安いことも、支持されている理由の一つです。詳しくは、⇒  十津川農場の『ねじめびわ茶』  

  

・なるべく正確な情報収集に努めていますが、中には誤った情報を含んでいる可能性があります。あくまで病院選択の参考としてご活用
 いただき、最終的な病院・ドクターの選択は各自のご判断のもと行なうようにしてください。
・万一当サイトに掲載されている病院との間にトラブルが生じた場合、当方は一切責任を負いません。

「全国有名病院・おすすめ病院NAVI」トップへ