全国有名病院・おすすめ病院NAVI
[new0131]当ページ最下段で「体に負担のかからない新しい抗がん治療法」を紹介しています。
PET検査とは?
 少し前まではあまり聞きなれない言葉だったPET検査ですが、近年がん発見の有効な手段として、急速に知られるようになりました。
 PETとは、ポジトロン・エミッション・トモグラフィー(Positron Emission Tomographyの頭文字)の略で、日本語では「陽電子放射断層撮影」と言います。
 全国有名病院・おすすめ病院NAVIのサイトを開設後、「PETって何?」という質問を何度か受けましたので、このページで紹介することにしました。
facebookでがん最新医療、名医のメディア出演予定等を提供中
(スポンサードリンク)

 (インフォメーション) 
 あきらめないがん治療/抗がん漢方薬
 西洋医学(手術・抗がん剤・放射線治療等)との併用による相乗効果!
 
⇒ 抗ガン漢方薬の書籍・サンプル・資料の紹介  

現在注目のナノバブル水に関する情報は、「ナノバブルと癌等の病気治療」をご覧下さい。

●PET検査とは?
 PET検査は、がん細胞が正常細胞に比べて3〜8倍のブドウ糖を取り込むという性質を利用しています。
 FDGと言うブドウ糖に似た薬剤を体内に注射し、しばらくしてから全身をPETで撮影します。そしてFDGが多く集まるところを画像化(がん細胞のある部分が光って見える)することで、がんの有無や位置を発見することが出来ます。

●PET検査のメリット
 従来のCT、US、MRといった検査が、形からがんを見つけるのに対して、PETは悪いところが光って見えるため、これまでの検査に比べてより早期のがんの発見が可能となりました。
 具体的なメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

◎がんの早期発見が可能
 ・従来の検査方法で発見されるより、はるかに早期の段階での発見が可能。
◎腫瘍の良性・悪性の診断、進行度合いの推定が可能
 ・薬剤の集まり具合を診ることで、腫瘍の良性・悪性の診断が可能。
 ・がんの進行度合い、成長の仕方や性質の推定が可能。
◎転移・再発の確認が可能
 ・従来の検査では発見が難しかったリンパ節に転移したがんも発見が可能。
 ・一度に全身を調べられるので、がんの広がり方を把握できる。
◎受診者の負担が少ない
 ・検査前に薬剤を注射する以外は、痛みや不快感がほとんどない。
 ・準備から最後まで2時間程度という短時間で終わる。
 ・服を着たまま検査をすることが出来るので、女性も安心して受診できる
◎一部の疾患に対しては、検査に保険が適用される
 ・一定の条件を満たしている場合に限られます。

●PETの限界
 これまで難しかったがんの早期発見を可能にしたPET検査ですが、全てのがん細胞を見つけられるわけではありません。
 検査の特性上、胃や食道などの消化器官粘膜に発生するごく早期のがんや、投与した薬剤の排出経路である尿道や腎臓、膀胱がんなど、発見が困難ながんもありますので、PETに加えて他の検査方法を併用してがんを見つけ出す必要があります。

●最新のPET治療
 上記でご紹介したように、PET検査にも限界はあります。
 より正確に、より早期にがんを見つけるための方法として、PET-CTを導入するケースが増えています。PET-CTとは、PET検査とCT検査を同時に行うことが出来る最新の受診装置で、PETによる細胞の機能画像とCTによる形態画像を重ね合わせたフュージョン(融合)画像を容易に作成することが出来、診断精度が大幅にアップします。また、同様にPETとMRIのフュージョンもあります。

●費用
 一般的ながん診療としてPET検査を受ける場合には、健康保険は適用されません。全額自己負担となります。
 金額は検査機関によって異なりますが、一通り全身を調べる検査で10万円程度のようです。支払いを分割やカードで行うことが出来る場合もあります。詳しくは各検査機関にお問い合わせ下さい。





 欧米では「がんと疑わしい時には色々検査をしないでまずPET(PET First!)という言葉があるほど、PET検査は定着しており、PET検査の結果を見て、治療方針を決めることが一般的になっています。

 このページでは、PET検査の概要について解説しましたが、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、PET検査が受診可能な医療機関のホームページをご覧下さい。
●参考サイト(270名の体験談掲載!)がん克服体験者からのお便り「私はこうして癌を克服した!」

(スポンサードリンク)

抗ガン漢方薬の書籍・資料・試供品の紹介
 最近世界中のがん患者から感謝の声が寄せられている抗がん漢方薬が注目を集めています。
 抗ガン漢方薬「天仙液」 という名称で知られていますが、「末期がんから生還した」「延命した」「西洋医学での治療の副作用が軽減された」といった声が多数寄せられているようです。
 その裏付けとして、日本の試験機関「新薬開発研究所」の臨床試験において、最大94.1%という高い抗がん効果が立証されており、日経新聞や朝日新聞などのマスコミやインターネット等で取り上げられています。 
 ※当サイトから年間31,205名の方が上記「天仙液のサイト」を訪れました(2011年1月〜2011年12月17日)。

●国立大学法人鹿児島大学と共同研究の結果生み出された「びわ茶葉」の抗がん性効果に注目!
 びわの葉にはアミグダリンという薬効成分が物質が含まれており、このアミグダリンが、ビタミンB17になります。ビタミンB17は、がんに画期的な効果があるとして、いま国際的に脚光を浴びています。ビタミンB17は、体温と共に暖められると浸透して、細胞の中にまで入っていき、炎症やがん細胞も治してしまうほどの力を発揮すると言われています。
 米国のがん専門医ジョン・A・リチャードソン博士は、「ビタミンB17はすべてのガンに100%近い制御率を示した」として、250例中、248例に効果があった臨床報告を発表し、医学界に大きな衝撃を与えました。<br> 日本でも奈良時代からびわの葉が健康に良いと重用されてきましたが、最近の研究で、鹿児島大学と健康に関する共有特許を取得した「びわの茶葉」が発売され、人気を博しています。世界オンリーワンの商品で、1ヶ月あたり1080円と値段が安いことも、支持されている理由の一つです。詳しくは、⇒  十津川農場の『ねじめびわ茶』  

・なるべく正確な情報収集に努めていますが、中には誤った情報を含んでいる可能性があります。当ページはあくまで参考としてご覧いただく
 ようお願いいたします。

「全国有名病院・おすすめ病院NAVI」トップへ