膵臓がんの名医等に関する詳しい情報を探す
[new0131]当ページ最下段で「体に負担のかからない新しい抗がん治療法」を紹介しています。
 このページは、膵臓がんの名医や有名病院、最新の治療法等について詳しく知りたい方のためのページです。
 入力例に従って検索ボックスにキーワードを入力すると、膵臓がんに関するより詳しい情報を検索出来ます。
参考:膵臓がんの名医と言われているドクター
facebookでがん最新医療、名医のメディア出演予定等を提供中
(スポンサードリンク)

  
 あきらめない膵臓がん治療/抗がん漢方薬
 西洋医学(手術・抗がん剤・放射線治療等)との併用による相乗効果!
 
⇒ 抗ガン漢方薬の書籍・サンプル・資料の紹介  

 (入力例)
  膵臓がん 高田忠敬 …………………… 膵臓がんと名医の名前で入力(もっとも入力が多いパターン)
  膵臓がん 国立がんセンター中央病院… 膵臓がんと病院名の組合せ
  膵臓がん 治療法 最新…………………3つ以上のキーワードを入力するパターン
   ※キーワードとキーワードの間にはスペースを入れてください。
   ※病名(膵臓がん)を入れていただいた方が効率的に探せます。

 
●膵臓がんに関してよく入力されるキーワード
 治療 治療法 末期 症状 生存率 病院 検査 名医 余命 転移 原因 手術 闘病記 再発 膵炎

(参考)膵臓がんの名医の最新治療「新しい抗がん剤の登場で大きな延命効果!」
 
日本の臨床試験で94.1%の抗がん効果が証明された漢方薬
 最近世界中のがん患者から感謝の声が寄せられている抗がん漢方薬が注目を集めています。
 抗ガン漢方薬「天仙液」 という名称で知られていますが、「末期がんから生還した」「延命した」「西洋医学での治療の副作用が軽減された」といった声が多数寄せられているようです。
 その裏付けとして、日本の試験機関「新薬開発研究所」の臨床試験において、最大94.1%という高い抗がん効果が立証されており、日経新聞や朝日新聞などのマスコミやインターネット等で取り上げられています。 
 ※当サイトから年間31,205名の方が上記「天仙液のサイト」を訪れました(2011年1月〜2011年12月17日)。

●国立大学法人鹿児島大学と共同研究の結果生み出された「びわ茶葉」の抗がん性効果に注目!
 びわの葉にはアミグダリンという薬効成分が物質が含まれており、このアミグダリンが、ビタミンB17になります。ビタミンB17は、がんに画期的な効果があるとして、いま国際的に脚光を浴びています。ビタミンB17は、体温と共に暖められると浸透して、細胞の中にまで入っていき、炎症やがん細胞も治してしまうほどの力を発揮すると言われています。
 米国のがん専門医ジョン・A・リチャードソン博士は、「ビタミンB17はすべてのガンに100%近い制御率を示した」として、250例中、248例に効果があった臨床報告を発表し、医学界に大きな衝撃を与えました。<br> 日本でも奈良時代からびわの葉が健康に良いと重用されてきましたが、最近の研究で、鹿児島大学と健康に関する共有特許を取得した「びわの茶葉」が発売され、人気を博しています。世界オンリーワンの商品で、1ヶ月あたり1080円と値段が安いことも、支持されている理由の一つです。詳しくは、⇒  十津川農場の『ねじめびわ茶』  

(スポンサードリンク)


・なるべく正確な情報収集に努めていますが、中には誤った情報を含んでいる可能性があります。当ページはあくまで参考としてご覧いただく
 ようお願いいたします。

「全国有名病院・おすすめ病院NAVI」トップへ