全国有名病院・おすすめ病院NAVI
膵臓がん治療の名医と言われているドクター
 (スポンサードリンク) 

 

膵臓がん治療の名医と言われているドクター(東日本)
北海道・東北
ドクター名(敬称略)
病院名 病院所在地
真口宏介 手稲渓仁会病院 札幌市手稲区前田1条12-1-40
011-681-8111
近藤哲 北海道大学病院 北海道札幌市北区北14条西5丁目 
011-716-1161 
砂村眞琴 東北大学病院 宮城県仙台市青葉区星陵町1-1 
022-717-7000
菱沼正一 栃木県立がんセンター 栃木県宇都宮市陽南4-9-13 
028-658-5151
関東
ドクター名(敬称略)
病院名 病院所在地
浅野武秀 千葉県がんセンター 千葉県千葉市中央区仁戸名町666-2
043-264-5431
木下平 国立がんセンター東病院 千葉県柏市柏の葉6-5-1
04-7133-1111
羽鳥隆 国際医療福祉大学三田病院 東京都港区三田1-4-3
03-3451-8121
高田忠敬 帝京大学医学部附属病院 東京都板橋区加賀2-11-1
03-3964-1211
奥坂拓志
小菅智男
国立がんセンター中央病院 東京都中央区築地5-1-1 
03-3542-2511 
今泉俊秀 東海大学医学部附属病院 神奈川県伊勢原市望星台
0463-93-1121
 
●国立大学法人鹿児島大学と共同研究の結果生み出された「びわ茶葉」の抗がん性効果に注目!
 我が国では奈良時代からびわの葉が健康に良いと重用されてきましたが、現代においても様々な慢性疾患に対する効果が期待されており、がん患者の中にもびわ茶葉を愛用される方が数多くいらっしゃいます。
 日本でも奈良時代からびわの葉が健康に良いと重用されてきましたが、最近の研究で、鹿児島大学と健康に関する共有特許を取得した「びわの茶葉」が発売され、人気を博しています。
 世界オンリーワンの商品で、1ヶ月あたり1080円と値段が安いことも、支持されている理由の一つです。詳しくは、⇒  十津川農場の『ねじめびわ茶』  

●低下した免疫力をアップさせる物質を東京大学の研究グループが発見
 
がんをはじめ多くの病気は、免疫力が低下することによって起こります。
 抗がん剤や放射線による治療では、正常な細胞にもダメージを与えるため、こうした治療を受けたがん患者は、より一層免疫力が落ちることになります。
 低下した免疫力を高めることは、がんと闘う人にとってとても大きな意味を持ちますが、こうした中、東京大学が企業と共同で高い免疫活性効果を持つ物質を発見しました。
 ブロッコリーから抽出したこの成分は、ブロリコと名づけられましたが、ブロリコの免疫活性効果は驚くほど高く、メカブフコイダンの約60倍、プロポリスにおいては1000倍以上の活性効果を示しています。いま大注目のブロリコはですが、その詳しい資料を請求することが出来ます。住所等の簡単な入力のみで、無料で資料が送られてきますので、免疫力のアップに興味のある方は、資料を請求してみてはいかがでしょうか。 ⇒ ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから  

 
 (参考)肝胆膵がんの名医リスト一覧(日本の名医) 
 (参考)膵臓がん症例数実績ランキング(全国・東京都・大阪府) 
 (参考)がんの完治を目指して最新治療に挑む名医たち
 (参考)ステージ4・ステージ3からのがん治療 
 (参考)膵臓がんの最新治療「新しい抗がん剤の登場で大きな延命効果!」
 (参考)肝胆膵がんに強い病院ランキング〜全国病院ランキング〜 
 (参考)
膵臓がん治療のスーパードクター(超名医) 
 
がん最新医療情報を
Facebookに掲載中!!

(スポンサードリンク)



(膵臓がんの名医選び) 
 膵臓がんは、癌の中でも特に治療が困難な癌として知られていますが、治療が困難な理由の一つは早期発見の難しさにあります。特徴的な症状がないこと、検査でも見つけにくいことがその原因です。
 そしてもう一つの理由は、がんが早期のうちから浸潤、転移しやすいとことです。そのため発見時にはすでに進行していて、手術の適応にならない場合が多いのです。しかし、その一方で手術による合併症の発現や死亡は、大きく低下しています。
 以前は、膵臓がんは手術による死亡も少なくなかったようですが、国立がんセンター東病院外科部長の木下平氏によれば、「私たちの施設では、切除した膵臓の縫合やドレーン(管)の留置をシンプルにすることで、ここ数年はほとんど手術による合併症で死亡することはなくなっています。
(スポンサードリンク)
 全国的にもこうした方法をとる施設が増えています」ということのようです。そうした意味では、近年安全に手術が行えるようになってきました。
 この頁では、手術技量に優れた膵臓がんの名医と言われるドクターと所属病院をご紹介しています。

 「膵臓がんの有名・おすすめ病院」や「膵臓がん治療の最新情報」等に関するより詳しい情報を検索したい方は、「膵臓がんに関する詳しい情報を探す」をご覧下さい。
 (スポンサードリンク) 


膵臓がん治療の名医と言われているドクター(西日本)
中部・北陸・東海
ドクター名(敬称略)
病院名 病院所在地
上坂克彦 静岡県立静岡がんセンター 静岡県駿東郡長泉町下長窪1007
055-989-5222 
中尾昭公 名古屋大学医学部附属病院 愛知県名古屋市昭和区舞鶴町65
052-741-2111
関西
ドクター名(敬称略)
病院名 病院所在地
土井隆一郎 京都大学医学部附属病院 京都府京都市左京区聖護院川原町54 
075-751-3111 
石川治 大阪府立成人病センター 大阪府大阪市東成区中道1-3-3 
06-6972-1181
山上裕機 和歌山県立医科大学第2外科 和歌山県和歌山市紀三井寺811-1
073-447-2300
九州・沖縄
ドクター名(敬称略)
病院名 病院所在地
船越顕博 国立病院機構九州がんセンター 福岡県福岡市南区野多目3-1-1 
092-541-3231 
田中雅夫 九州大学病院 福岡県福岡市東区馬出3-1-1
092-641-1151 

(検索ボックスをご活用ください)

名医・有名病院情報掲載サイト(6サイト)
から膵臓がんに関する情報を検索する。



(癌の検索に良く使われるキーワード)

治療 治療法 末期 症状 生存率
 病院 検査 名医 余命 転移 原因
 手術 闘病記 再発 膵炎
(スポンサードリンク)



・なるべく正確な情報収集に努めていますが、中には誤った情報を含んでいる可能性があります。あくまで病院選択の参考としてご活用いただき、最終的な病院・ドクターの選択は各自のご判断のもと行なうようにしてください。
・万一当サイトに掲載されている病院との間にトラブルが生じた場合、当方は一切責任を負いません。

「全国有名病院・おすすめ病院NAVI」トップへ