全国有名病院・おすすめ病院NAVI
肺がんの5年生存率が高い病院リスト
「肺がんを治療する際に知っておいた方がよいこと」はこちら
[new0131]当ページ最下段で「体に負担のかからない新しい抗がん治療法」を紹介しています。 

 全国がん(成人病)センター協議会(全がん協)は2007年10月に加盟医療機関のがん患者の5年生存率などの成績を公表しました。
 公表したのは肺がんの症例数が100例以上などの一定の条件を満たした医療機関で、1999年に初回の入院治療を受けた肺がん患者の治療成績について施設別に、肺がん進行度合いに応じた症例数や生存率をまとめたものです。
 このページでは公表された肺がん生存率の高い医療機関順にデータを紹介いたします。
facebookでがん最新医療、名医のメディア出演予定等を提供中
(スポンサードリンク)


  肺がんの5年生存率が高い病院
(肺がんの症例数が100例以上などの一定の条件を満たし、公表に同意した医療機関)
生存率 症例数 1期/4期
国立がんセンター中央病院
(東京都)
65.7% 266 30.4%
大阪府立成人病センター
(大阪府)
55.5% 222 3.0%
国立病院機構四国がんセンター
(愛媛県)
45.9% 135 1.5%
千葉県がんセンター
(千葉県)
44.5% 120 1.5%
栃木県立がんセンター
(栃木県)
43.6% 144 1.6%
新潟県立がんセンター新潟病院
(新潟県)
42.4% 295 2.4%
兵庫県立がんセンター
(兵庫県)
38.7% 242 1.7%
神奈川県立がんセンター
(神奈川県)
36.4% 228 0.8%
宮城県立がんセンター
(宮城県)
30.0% 133 1.1%
10 国立病院機構北海道がんセンター
(北海道)
27.8& 160 1.0%
※肺がんの病期の基準が異なる施設や、高齢者が多い、早期(1期)肺がん患者が多いなど、施設ごとに患者の状況に大きな差があるものと思われます。それぞれの医療機関の実力を100%反映したものではありませんので、あくまで病院選びの材料として考えた方が良いと思います。
(名医情報)全国の肺がんの名医リスト一覧(首都圏の他、北海道から九州までの名医を掲載) 
(名医情報)メディアで紹介された「がんの名医・予約殺到のスゴ腕ドクター」
(参考)
肺がんが再発・転移した方への情報提供(肺がんの実力病院・有名病院の生存率データ等)
肺がん手術に強い病院ランキング
肺がん治療のスーパードクターと言われている医師
肺がん治療の名医・有名病院(肺がんの手術件数ランキング・肺がんの名医等の情報を紹介)
数々の肺がん患者を完治させてきた食養理論(がん患者専用の食事療法)について
 
●国立大学法人鹿児島大学と共同研究の結果生み出された「びわ茶葉」の抗がん性効果に注目!
 我が国では奈良時代からびわの葉が健康に良いと重用されてきましたが、現代においても様々な慢性疾患に対する効果が期待されており、がん患者の中にもびわ茶葉を愛用される方が数多くいらっしゃいます。
 日本でも奈良時代からびわの葉が健康に良いと重用されてきましたが、最近の研究で、鹿児島大学と健康に関する共有特許を取得した「びわの茶葉」が発売され、人気を博しています。
 世界オンリーワンの商品で、1ヶ月あたり1080円と値段が安いことも、支持されている理由の一つです。詳しくは、⇒  十津川農場の『ねじめびわ茶』  

(スポンサードリンク)

・なるべく正確な情報収集に努めていますが、中には誤った情報を含んでいる可能性があります。あくまで病院選択の参考としてご活用
 いただき、最終的な病院・ドクターの選択は各自のご判断のもと行なうようにして下さい。
・万一当サイトに掲載されている病院との間にトラブルが生じた場合、当方は一切責任を負いません。

「全国有名病院・おすすめ病院NAVI」トップへ