全国有名病院・おすすめ病院NAVI
〜がん免疫療法とは?〜
 最近がんの治療法として「免疫療法」が注目されるようになっています。
 免疫療法とは、もともとその人が持っている免疫力を高めて、がんを治療しようとするものですが、具体的には活性リンパ球と言われる最先端の細胞免疫療法から東洋医学である漢方療法、健康食品(アガリクス、プロポリス等)など、いろいろな種類があります。
 その中でも免疫力本体であるリンパ球を直接活性化させる活性化リンパ球療法は、多くの研究論文が発表されるなど、現在注目を集めている療法です。
(スポンサードリンク)



西洋医学だけでは充分なガン治療とは言えません!資料を無料でお送りしております。
 抗がん漢方薬 「天仙液」は中国、オーストラリア、香港、タイで「医薬品」と許認可され、アメリカではFDA(米国食品医薬品局)において漢方サプリメントとして承認を受けています。日本でも“体に負担が掛からない抗ガン漢方薬”として多くの新聞・雑誌で紹介されており、国内で約3万人が利用しています。現在詳しい資料を無料でお送りしています。

 ●免疫とは
 幼児期にポリオ等のワクチンを接種されたり、冬にインフルエンザの予防接種を受けたりしますが、これは人為的に弱毒化した細菌やウイルスなどの病原体をあらかじめ接種することにより、たとえ病原体が進入してきても、病気にかかりにくくなったり、たとえかかったとしても軽く済ませるためです。
 また風疹やはしか、おたふくかぜなどのように、一度かかるともう二度とかからない病気もあります。
 このように生体には病気になるの防いだり、一度かかった病気にかかりにくくする仕組みがありますが、この仕組みを「免疫」と呼びます。
 免疫療法とは、免疫担当細胞、サイトカイン(免疫反応を調節したり、免疫担当細胞を増加させる物質)などを活性化させ、免疫機能を目的の方向に導く療法です。


 ●がん免疫療法の歴史

 
がん免疫療法は、1980年代のはじめにアメリカ国立がんセンターで始まりましたが、期待したほどの効果が得られなかったうえに、重篤な副作用があり、またリンパ球の大量培養が出来ないこと(それ故大量のリンパ球を患者から採取するため、身体的負担が大きい)などから、その後研究は進みませんでした。
 1980年代後半になり、わが国で新しいリンパ球培養方法が開発され、患者の身体的な負担が解消されたことに加え、副作用を引き起こす物質を除くことが可能になり、重篤な副作用がなくなったことから、その後様々な研究が行われるようになりました。

 ●がん免疫療法の効果
 ある医学博士が、上記の新しい方法で培養したリンパ球の効果を確かめるため、肝臓がんの手術後の再発予防と言う目的で臨床試験を行い、5年間試験を行った結果、活性リンパ球治療によってがんの無再発生存率が改善され、統計的に明らかな有効性が確かめられました。
 活性リンパ球療法については、多くの論文が発表されており、一部の大学病院では高度先進医療として認められています。

 ●がん免疫療法の今後
 がんの免疫療法は、現在効果や安全性の確認が行われている段階ですが、生体の免疫機能を高める効果や、副作用が軽いと言う安全性の面から、現在広く行われている「外科療法」「化学療法」「放射線療法」に続く第4の治療方法として注目されています。
 新しいリンパ球の培養方法が開発され、新しい治療が出てくることも考えられることから、多いに期待されている療法です。

(ad)世界で認められた抗ガン漢方薬「天仙液」  
   NK細胞活性化
癌免疫補助食品の販売




(スポンサードリンク)


「全国有名病院・おすすめ病院NAVI」トップへ