全国有名病院・おすすめ病院NAVI
国立がんセンターとは?
 国立がんセンターは、わが国のがん対策を行う中核機関として、昭和37年に東京築地に設立されました。平成4年には千葉県柏市に東病院が設立され、同時に築地の病院は国立がんセンター中央病院と改称されました。
 がんは日本に限らず、どの国においても急速に増加しており、そのため世界の主要国のほとんどで、国立のがんセンター、がん研究所が設立されています。
★癌の食事療法に関する情報について
〜効果が高いと言われる食事療法〜

facebookでがん最新医療、名医のメディア出演予定等を提供中
(スポンサードリンク)


  
 あきらめないがん治療/抗がん漢方薬
 西洋医学(手術・抗がん剤・放射線治療等)との併用による相乗効果!
 
⇒ 抗ガン漢方薬の書籍・サンプル・資料の紹介  

●国立がんセンターの評判
 国立がんセンターはその設立以来、わが国唯一の国立のがんセンターとして、国のがん対策の中心として活躍してきており、国内はもちろん、世界でも指折りのがんセンターとなっています。
 上記2つの病院共に「名医がすすめる全国50病院」の中でもトップ5にランクされており、「がんを治す病院として、安心してかかることが出来る」と評価されています。
 
●国立がんセンターのドクター
 病院のレベルが高いということは、そこにいるドクターのレベルも高いことが容易に想像できます。
 実際に巷で「がんの最高の名医」等と紹介されている本には、どのがんにおいても必ずといってよいほど国立がんセンターのドクターの名前が挙げられています。
 国立がんセンターは現在のところ、病院に対してもそこに勤務するドクターに対しても非常に高い評価が与えられているようです。

 国立がんセンターの○○先生に診てもらいたいという希望を持っている人も少なくないようです。
 先生選びについては、当サイトの「良い病院の良い医者に診てもらいたい」を参考にして下さい。
(参考情報)ステージ4・ステージ3からのがん治療 
(名医情報)メディアで紹介された「がんの名医・予約殺到のスゴ腕ドクター」
●参考サイト(270名の体験談掲載!)がん克服体験者からのお便り「私はこうして癌を克服した!」

(スポンサードリンク)


 
日本の臨床試験で94.1%の抗がん効果が証明された漢方薬
 最近世界中のがん患者から感謝の声が寄せられている抗がん漢方薬が注目を集めています。
 抗ガン漢方薬「天仙液」 という名称で知られていますが、「末期がんから生還した」「延命した」「西洋医学での治療の副作用が軽減された」といった声が多数寄せられているようです。
 その裏付けとして、日本の試験機関「新薬開発研究所」の臨床試験において、最大94.1%という高い抗がん効果が立証されており、日経新聞や朝日新聞などのマスコミやインターネット等で取り上げられています。
(参考)がん治療!みんなの闘病記≪がん生還者からがん闘病者へ繋ぐ闘病記やがん治療アドバイス集≫

★アガリクスの効果に関する研究実績・使用者の生の声を掲載!
 「アガリクスは効果があるのか?」こうした疑問に応えるべく、研究実績および実際にアガリクスを使用した方の声が下記サイトで紹介されています。このサイトを運営する会社では、全ての顧客に専任の担当者をつけ、万全のサポート体制を敷いています。15年以上に及ぶアガリクスの様々な研究実績を活かして、患者の悩みに正面から向き合っています。 ⇒ブラジル産自然露地栽培アガリクス

・なるべく正確な情報収集に努めていますが、中には誤った情報を含んでいる可能性があります。当ページはあくまで参考としてご覧いただく
 ようお願いいたします。

「全国有名病院・おすすめ病院NAVI」トップへ